エンジェルフライト

タイトル

エンジェルフライト

作者

佐々涼子

内容

国際霊柩送還士という方のお仕事の話です。海外からくる遺体をエンバーミング(遺体保存技術)する仕事です。

気になったところ

国際霊柩送還士いう仕事、読み始めてその仕事の過酷さ衝撃でした。

読み終わって分かったこと

海外で亡くなった方の遺体を日本でエンバーミングして遺族の元に送り届ける。その遺体も亡くなった国によってちゃんと処理されているか全然違うということ。遺体も亡くなった時の状態(病死・事故死・銃撃など)によって修復がかなり困難な場合がありました。遺体から体液が滲み出ている。体の中に残った体液を丁寧に体の穴という穴から脱脂綿で吸わせて取り除く、どんなに大変な仕事か、頭を修復し、顔はパスポートの写真を見ながら輪郭、顔の表情を直し化粧をするそうです。

日本から遠く離れた国にも葬儀社があって、時間の経過とともに朽ちてくいく遺体をエンバーミングして時を止め、家族の記憶のままの姿で故郷へ届ける。国によって技術が違う。分からない国には行って教えて、国境を超えて人と人とが協力し遺体を運ぶ。国際霊柩送還とは残された家族のためにあると思いました。

「処置をして家族のもとへ遺体を帰す。海外で体から離れ出てしまった魂を日本へと呼び戻す儀式ではないだろうか・・・」と作者が書いてあった。

会社はエアハース・インターナショナル株式会社、日本で最初に登録された国際霊柩送還の専門会社です。ここで働く人達の思い、24時間体制の仕事、過酷であるが思いいっぱいの日本人の魂の会社だと思った。できれば本を読んでもらいエアハースの方達の思いを知って欲しいです。

エンジェルフライト 国際霊柩送還士 (集英社文庫) [ 佐々涼子 ]

価格:682円
(2022/5/29 10:25時点)
感想(7件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました